【お腹が痛い】腸のトラブルは過敏性腸症候群(IBS)かも?

過敏性腸症候群(IBS)


最近ではストレスによって引き起こされる『過敏性腸症候群』に悩まされ、便秘や下痢、腹痛などの症状で悩んでいる人が急増しているそうです。過敏性腸症候群を大きく分けると、この三つになります。

  1. 下痢型
  2. 便秘型
  3. 下痢と便秘を交互に繰り返す交替型

 

 

共通点として『ストレス』『メンタル』『排便トラブル』があります。しかし発症のパターンはそれぞれ微妙に違うようです。

男性に多いのは下痢型 …プレゼンテーションなど大事な仕事の前など、プレッシャーを感じるとお腹が下ったり、通勤電車中に腹痛になって途中下車してトイレに駆け込むなど生活に支障をきたすレベルになる事もあります。

女性に多いのは便秘型 …便秘型で排便がなく苦しい思いをしたり、急な腹痛に悩まされたりします。

・また交替型ではプレッシャーを感じると便秘になり、副交感神経が働き出すと下痢になる事を繰り返し、とても苦しい状態が続きます。

どのタイプでもストレスが原因だけではなく、「またお腹が痛くなるかもしれない」という不安が、自分の健康状態への悪循環となってしまうので厄介だと言えます。

昔からストレスによって下痢や便秘が起きやすくなる事は知られていましたが、最近では腸内環境の悪化が先にあって、それが理由で精神に影響を与えて悪循環となっているケースもあるんです。

腸内フローラが人の精神に影響を与えている可能性も考えられるので考慮する必要が出てきました。

 

腸を良い状態にしてパフォーマンスアップ!!


ストレスが腸のトラブルを招くという一方通行だけではなく、腸のコンディションが悪い事が原因となり、脳に悪影響を与える事もある事が分かりました。この関係性を『脳腸循環』と呼ばれます。

 

 

この悪循環を断ち切り、好循環を生み出すためにはどうすればいいのでしょうか?

やはり、まずは腸内環境を良い状態にして、腸内フローラを整え、善玉菌を増やす事を始めた方が良いと思います。生活の習慣を『腸を最優先』にする事が好循環を生み出すきっかけになるはずです。

 

実は腸内細菌の種類や構成比は、ほぼ生まれてしばらくの間で基本的な部分で決まってしまうと研究の結果分かって着ています。どんな食生活を送っていてもあまり変化しないのです。

しかし、細菌の構成が変わらなくても、細菌の働き方は変わりますよね。全体の70%を占めている日和見菌を善玉菌につけるかは、生活習慣で変わります。

『腸内フローラを変えて善玉菌が威力を発揮出来るようになれば、結果的に身体も健康になり自身も付き、物事の考え方や性格も前向きになり、変わる事が出来るんです。』

 

 

腸改善で病気のリスクを減少させる。


腸が元気になり、活動的になれば、身体はどんどん元気になり病気のリスクも減少していきます。

不眠 …睡眠を促す『メラトニン』がスムーズに分泌するようになるので、睡眠の質が良くなります。また自律神経のバランスが整う事でしっかりとした休息が出来る様になります。

冷え性 …便秘の時には、便によって腸内の血管が圧迫され血流が悪くなり血流が悪くなります。腸のボトルネックは冷え性の原因となります。ボトルネックが解消されれば血流も良くなり、冷え性も改善されます。

大腸がんリスク …便秘などが原因で腸の炎症が起きる事があります。その炎症からがん細胞が作られてしまう可能性が高まります。腸内細菌を整え便秘を改善する事は、大腸がんのリスクを軽減する事につながります。

肌荒れ …腸の状態が良いと、良質なきれいな血液が全身の細胞に行きわたり、肌トラブルは改善していきます。顔色は良く、シミやシワ、くすみ、目の下のクマなども良くなっていきます。

抜け毛 …肌だけでなく、皮脂の一種の頭髪も状態は良くなり、抜け毛は減少しツヤが出てきます。

花粉症 …腸内環境が良くなると、免疫力が上がり、免疫システムが正常に働くので、自律神経のバランスも改善し、アレルギー症状が出にくくなります。

・他にも頭痛・腰痛・肩こり・イライラ・憂鬱・不安定な状態なども改善され身も心も軽くなっていきます。

腸が元気になるという事は、自律神経のバランスが整う事となります。そうなれば、心と身体のボトルネックが徐々に無くなって健康へと改善されていきます。

 

《おススメするサプリメントがこちら⇓⇓》

菌活美人 プレミアムスリムビオ ベビー乳酸菌

ダブルの酵素とトリプルの乳酸菌が配合された菌活美人!厳選したのべ146種類の野菜、果実、穀物、海藻、きのこ、野草、漢方などを発酵、熟成させた酵素を使用。乳酸菌は1日(2粒)あたり200億個以上(ヨーグルト2個分)を配合。

乳酸菌1兆個配合 ・話題の乳酸菌「EC-12」・悪玉菌に「ラクトフェリン」・腸内フローラに「スマート乳酸菌」・溜めない「ビフィズス菌B-3」・さらに「納豆菌」「オリゴ糖」など多くの菌が配合。
ベビー乳酸菌
母親から初めて授かるヒト由来の乳酸菌(クリスパタス菌)を配合。乳酸菌と相性の良い「ビフィズス菌」を配合。善玉菌の99.9%はビフィズス菌と言われています。善玉菌の増殖をサポートする「オリゴ糖」「食物繊維」も配合。


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です